都市伝説

悪霊と守護霊が戦争状態に突入するぞ!Xデーは8月13日~20日

悪霊がお盆を狙った大規模な憑依計画を実行しょうとしています。
前にも記事で紹介しましたが、悪霊マフィアの赤怨呪の組織の存在も明らかになり、悪霊による人類の支配は確実に行われようとしている。

それでは『悪霊と守護霊が戦争状態に突入するぞ!Xデーは8月13日~20日』をあなたにお伝えしていきますね。

それでは早速見ていってみましょう!

 

悪霊と守護霊が戦争状態に突入するとはどういうことでしょうか?
理由を見てみましょう

悪霊と守護霊が戦争状態になっている理由

悪霊による死亡者が増加しており、悪霊に手も足も出すということは、守護霊にとっても危険だったが、悪霊の組織力は低下しているので、お盆は亡くなったご先祖様のお祭りでもありお盆に合わせて悪霊に戦争をしかけて悪霊の支配から解放しょうという流れです。

悪霊にあの世に連れて行かれた被害者は多く存在しており、悪霊の奴隷になっているため、その悪霊の奴隷から解放するために守護霊が動いている訳です。

守護霊が悪霊にとらわれた霊を助けようとしてくれているのですね

悪霊同士がお互いに揉めている。

悪霊同士が揉めており悪霊をやめて守護霊になっている悪霊も増加しております。
現実で言うと暴力団から足を洗ってカタギになると一緒ですね。

悪霊の中には無理やりあの世に引きずり込まれて悪霊の奴隷にされた被害者も多くいますよ。
本当に悪霊から解放するためにも悪霊との戦いは必要なのです。

魂は浄化され、悪霊から守護霊に変わることもできるんですね

お盆に戦争状態になる理由

お盆は心霊番組が増えて肝試しをする人も多くいます。
遊び半分で心霊スポットとか悪霊が出る場所に行く機会が増えるので悪霊による被害は増加しますよね!

被害が起こる前に悪霊との戦いをすることで悪霊からの支配は解放されるということです。
ただ、怖いのは悪霊マフィアは特定するのは困難で悪霊マフィアは雲隠れするのは間違いありません。
さすがに難しいところですね!

お盆はチャンスですものね
どうにか守護霊には勝ってもらいたいと思います

まとめ

悪霊は本当に怖いです。

自分は霊は見えませんが、弟は霊が見えており本当に悪霊に殺されかけたことがありますよ。

悪霊に憑依されると本当に命を落としたりする場合があるので絶対にふざけて心霊スポットなど霊が出る場所には近寄らないのが一番です。

 

最後まで見て頂き本当にありがとうございました。

エンタメ(全般) ブログランキングへ

オカルト ブログランキングへ
ABOUT ME
okorudaikazan
怒る!大火山サイトの運営者で編集長でもありオカルト研究家の閻魔と申します。 誰も話そうとしない都市伝説や陰謀を中心にオカルト情報をお届けいたします。