都市伝説

【都市伝説】杉沢村の後編

杉沢村の噂話のまとめ①

杉沢村は2つの宗派の勢力による派閥で、集落の過疎化を進行させました。

杉沢村には、土着信仰が存在していました。
杉沢村の土着信仰を信じる者とキリスト教を信じる者による
信仰の問題で揉めて殺人事件に発展したと言われております。

未だに杉沢村の村民の残党が青森県に住んでおります。
さらに杉沢村を復活させようとする動きもあるようです。

杉沢村に存在していた土着信仰は青森県に実在しています。
そして某秘密結社に受け継がれていると言われています 。

 

杉沢村はキリスト教ゆかりの村だった!?
次のような噂もあるんです

杉沢村伝説の噂まとめ②

杉沢村は古くから日本に住んでいた。ユダヤ人が作った村だった。

青森県には、有名な「キリストの墓」が存在しております。
青森県の山中に完全自足のできる村を建設し、日本人に見つかることなく発掘を続ける事ができたのです。

後に金を利用し周りの小さい村と友好的交流を続け、やがて統合しすっかり日本人に紛れ込むことに成功しました。
(統合前の村名を「ヘライ村」、統合後現在は「新郷村」になっています)

このとき「テンプル騎士団」から油を使った調理法が近隣の村に伝承されました。 これが天ぷらのはじまりです。

結論から言うと杉沢村はヘライ村の第二の村と言えるのです。

 

この記事を最後まで読んでくれてありがとうございました

エンタメ(全般) ブログランキングへ

オカルト ブログランキングへ
ABOUT ME
okorudaikazan
怒る!大火山サイトの運営者で編集長でもありオカルト研究家の閻魔と申します。 誰も話そうとしない都市伝説や陰謀を中心にオカルト情報をお届けいたします。