オカルト

仏教ではお地蔵様と閻魔大王は同一人物だった。

お地蔵様

菩薩は如来に次ぐ存在です。 現在仏様と言われる釈迦如来が入滅して、未来仏とされる弥勒菩薩が悟りを開き如来となって人々を救済するまで56億7千万年という時間がかかると言われていますがその間、この世に如来が存在しないことになります。 それまでの間、地蔵菩薩が世界の人々を苦しみから救ってくださると言われています。

お地蔵様は本当に凄い菩薩様なんですよ
菩薩様にまつわる話をご覧ください

結論

5614

お地蔵様は安産・健康・長寿・豊作などにご利益のある菩薩です。
そして閻魔大王は地獄にいる10人の王の1人で、嘘をつく者の舌を抜く大王です。

仏教の中でもっとも権威があり、5万以上の仏教用語が収録されている辞典「望月佛教大辞典」の「十王」の項目には「閻魔王は地蔵菩薩」と書かれています。

7世紀頃、唐では死後の世界を恐れる風習がありお地蔵さんを
救世主と説くことが民衆に広く浸透しました。

日本でも、死後地獄に入った信者の苦を地蔵に願うことで救済される説が広まりました。
そんな中で、お地蔵さんに手を合わせれば、お地蔵さんが閻魔大王となって
救済してくれるという解釈が生まれました。

つまり「地獄に入ったあの人を救ってください」ということで
地蔵に手を合わせてたんですね。

お地蔵様は閻魔大王様だったんですね。後までご覧いただきましてありがとうございました

エンタメ(全般) ブログランキングへ

オカルト ブログランキングへ
ABOUT ME
okorudaikazan
怒る!大火山サイトの運営者で編集長でもありオカルト研究家の閻魔と申します。 誰も話そうとしない都市伝説や陰謀を中心にオカルト情報をお届けいたします。