都市伝説

クレヨンしんちゃん作者が死亡した真相とは!?

クレヨンしんちゃん作者の臼井儀人さんの転落事故はクレヨンしんちゃんの作品の中で予言されていた。

 

アニメの中で、転落事故を予言していたみたいですが、その真相を見てみましょう

クレヨンしんちゃん作者さんの転落事故は予言されていた!?

クレヨンしんちゃん作者の臼井儀人さん(51)が2009年に群馬・長野県境にある荒船山の艫岩(ともいわ)の下の岩場で、遺体として発見された。
2003年に放映されたクレヨンしんちゃんで臼井儀人さんの転落事故の場面がリアル的に描かれていた。

『かすかべ岳にモーレツアタックだゾ』

この話は野原しんのすけと野原ひろしが登山する話なのです。
しかも、女性が自殺を考えており崖から飛び降りようとした時に野原しんのすけが崖の下を見た瞬間に滑って崖から落ちそうになり自殺しようとした女性が助けてくれるシーンがあります。

明らかに臼井先生が『かすかべ岳にモーレツアタックだゾ』で伝えたいことは自分が誰かに命を狙われている事を事前に知らせていた可能性が考えられます。
臼井儀人さんは誰かに押されて転落して亡くなったのではないかと言われています。

転落事故ではなく事件だったということなのでしょうか
続きをどうぞ!

クレヨンしんちゃん作者の臼井儀人さんは事故ではなく事件に巻き込まれていた!?

クレヨンしんちゃん作者の臼井儀人さんは実は巨大某宗教団体に殺害されたのではないかとネットでは言われております。
実は臼井先生はエホバの証人に入会しており熱心の信者だったのです。

臼井儀人さんの母親は巨大某宗教団体の熱心な信者で宗教のことで母親と口論になっていた話もネットでは話題になっております。
巨大某宗教団体では臼井儀人さんが脱会したことが原因と言われています。

他には他の漫画家が臼井儀人さんに逆恨みで殺害したのではないかと言われております。
本当の真実は今でも闇の中ですが、明らかにクレヨンしんちゃんの話では裏社会の話題が多いので裏社会の関係者が見せしめに殺害したと推測されます。
クレヨンしんちゃんの臼井儀人さんの『赤い遺言書』がネットで出回った事で話題になりました。

事実でしたら、本当に恐ろしいですよね

まとめ

クレヨンしんちゃんは今でも国民から愛されているアニメでありますが、臼井先生が伝えたいことをクレヨンしんちゃんで知れるときが来るかもしれないです。

 

最後まで見て頂き本当にありがとうございます。

エンタメ(全般) ブログランキングへ

オカルト ブログランキングへ
ABOUT ME
okorudaikazan
怒る!大火山サイトの運営者で編集長でもありオカルト研究家の閻魔と申します。 誰も話そうとしない都市伝説や陰謀を中心にオカルト情報をお届けいたします。