【都市伝説】『大日本帝国村』の真相を明らかにする。

M県の山村に存在していると言われている集落です。大日本帝国軍の残党が集結して作られた集落で集落の地下豪は極秘エリアになっており数機の零式艦上戦闘機(ゼロ戦)が地下壕に隠されており今でも整備がされており飛行も可能との事です。現在は高齢化と過疎が進行しており若い人に集落を支えるために大日本帝国軍に興味がある若者を大日本帝国村に移住させているらしい。この集落の存在は政府関係者も知らないのが驚きです。大日本帝国村はM県だけではなく他の県にも存在しているとか!真実は闇の中です。大日本帝国村は見た目は普通の集落で余所者が集落に来たとしても普通に接するとの事です。杉沢村のように余所者を恐怖に追い込む事はないらしい。ただ村民だけが知っている暗号があり余所者が秘密の暗号を村民に話してしまうとヤバイらしい。今でも大日本帝国の復活を期待しているらしいです。

大日本帝国村の特徴

・大日本帝国村の入り口には『監視カメラ設置区間』書かれているらしい。
・大日本帝国村は見た目は普通の集落に見える。住民も優しい。
・村民にだけしか知りえない暗号を住民に話すとヤバイらしい。

暗号に関して住民に話しても知らないふりをするらしい。

地下壕の秘密

地下壕には零式艦上戦闘機(ゼロ戦)と戦時中に使われた戦闘服や武器も隠してあるらしい。
それだけではない。地下壕には居住スペースも存在しており地下壕で暮らしている住民もいる。
地下壕は核戦争になっても核シェルターとして利用される場所として使われる。

まとめ

零式艦上戦闘機(ゼロ戦)があったとしたら錆びている印象が強く感じます。前に海外で回収した零式艦上戦闘機を整備して趣味で載っているパイロットが紹介されたことがありました。その事を思い出します。


エンタメ(全般) ブログランキングへ

オカルト ブログランキングへ
まとめ

私のブログに一票を!!
ブログランキング
PVランキング
全般人気ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!

okorudaikazan

投稿者プロフィール

怒る!大火山サイトの運営者で編集長の閻魔と申します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 【北海道】脳天大神【心霊スポット】

  2. 【北海道】廃ホテル【心霊スポット】

  3. 【北海道】神居古潭 (カムイコタン)【心霊スポット】

  4. 【北海道】ぬかびらだったかどっかもヤバイらしいよ【心霊スポット】

  5. 【北海道】千歳の丸いマンション【心霊スポット】

  6. 【北海道】西岡公園(西岡水源池)【心霊スポット】

  7. 【北海道】グリーンベルト【心霊スポット】

  8. 【北海道】サリーちゃんハウス【心霊スポット】

  9. 【北海道】恵庭の南高の奥に【心霊スポット】

  10. 【北海道】俺恵庭【心霊スポット】

ページ上部へ戻る