インフルエンザワクチンが効かないのではなくて・・・

ネットなどで、インフルエンザの予防接種は効かない、という話が出回っていますが、医療関係の人から「ここだけの話」を聞いたので、ここに書きます。

「インフルエンザの予防接種は確実に効く。ウイルスの型が変異するので効かないこともある、と言われていて、確かにそういう場合もあるが、交差免疫(?)という作用があり、そのようなことは少ない。

しかし、予防接種したのにインフルエンザにかかる人は結構多い。これは、ワクチンが効かなかったのではなくて、そもそも効かない不良品、まがい物の類が出回っているからである。

医療関係者向けのワクチンがあり、この効果を見ると、効かないとは言えない。しかし、一般向けの方は、物を見ただけでは判別できないこともあって、怪しいものが流通している。

不良ワクチンをあぶりだすのは簡単。接種時に、誰がいつどこで作ったワクチンであるか書いた紙を渡す。それをインフルエンザ治療時に回収するようにすれば良いだけ。

それをしないのは・・・」

見て見ぬ振りがされる理由は教えてもらえませんでしたが、この話本当でしょうか?


エンタメ(全般) ブログランキングへ

オカルト ブログランキングへ
まとめ

私のブログに一票を!!
ブログランキング
PVランキング
全般人気ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!

okorudaikazan

投稿者プロフィール

怒る!大火山サイトの運営者で編集長の閻魔と申します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • ななし
    • 2017年 4月 11日

    さすがにひどい

    交差反応は変異によるウイルスのマイナーチェンジが起きたとしても、
    ある程度型が近いものに対しては、体内にできた抗体が働いてくれること
    そもそもインフルエンザワクチンはウイルスを分解・精製したHA蛋白などの成分であり
    これを体内に入れ抗体を作らせ、本物のウイルスが入ってきても感染させないようにするのが狙い
    だから乳児や高齢者・疲労マックスの社畜などの免疫力低下した状態では作動しないこともある
    品質管理がなされておらず有効性に疑問のあるワクチンが出回ってるならNIIDが黙っちゃいない

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 【怖い話】中学二年生の冬【短編】

  2. 【怖い話】洗面所から・・【短編】

  3. 【怖い話】廊下の奥【短編】

  4. 【怖い話】夜中の足音【短編】

  5. 【怖い話】団地に住んでいたときの話【短編】

  6. 【怖い話】神奈川県にあるトンネル【短編】

  7. 【怖い話】夏期補習【短編】

  8. 【怖い話】部活の先輩の話【短編】

  9. 【怖い話】バイクの事故【短編】

  10. 【怖い話】高校2年の修学旅行【中編】

ページ上部へ戻る