目が大きく写った心霊写真

目が大きく写った心霊写真の現状

心霊写真のほとんどが撮影での失敗が原因。
ときどきほんとうにヤバいものがある。
一番ヤバいのは目が大きく写ったもの。最近よく見かける。

目が大きく写った心霊写真の話

心霊写真といっても色々とある。

光や顔が写り込むもの。体の一部が消えている。体が変色しているもの。

これらの写真はプロのカメラマンから見ると、レンズフレア (ハレーション)やガラスの映り込み、フラッシュの反射などアマチュアが犯しがちな技術的な失敗であることが多い。しかしどう考えても理解できないような写真もある。

心霊写真の中でもっともタチが悪いのは、目が2~3倍の大きさになってしまっているものらしい。目が大きく写っている人は、数年後に目に大怪我をしたり、失明したり。
最悪死んでしまうことも…

目に限らず体の一部が変な写りかたをしている写真は、「そこを怪我する」や「死んでしまう」など、どの部分が変であってもよく聞く話である。

では、なぜ目が一番タチが悪いのか。

目に干渉する霊は憎悪の念が強く、慰めが及ばないことも少なくない。つまり、お寺や霊媒師に除霊や供養をしてもらっても効果がないことが多いのである。

最近の目が大きくなるプリクラはある種の心霊写真ということだろうか。


エンタメ(全般) ブログランキングへ

オカルト ブログランキングへ
まとめ

私のブログに一票を!!
ブログランキング
PVランキング
全般人気ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!

okorudaikazan

投稿者プロフィール

怒る!大火山サイトの運営者で編集長の閻魔と申します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 【洒落怖】ツーリング

  2. 【洒落怖】綺麗な女性

  3. 鰻の開き方の謎

  4. ひとりかくれんぼのやり方

  5. 後夜祭^o^

  6. 北朝鮮とオウム真理教の国家転覆計画はこれからやってくる!

  7. 写真の中央の謎

  8. 教室ループの謎

  9. 八尺様の本当の真相

  10. 福岡県の「筑豊ナンバー」

ページ上部へ戻る