上杉謙信は女だった?

上杉謙信は女だった?の現状

海外には女だったと思わせる歴史的資料がある。
謙信のことを「男勝り」とうたった唄がある。
一生独身で正室も側室も置かなかった。

上杉謙信は女だった?の話

歴史小説家「八切止夫」はスペインの修道院で、15世紀から16世紀の船乗りや宣教師による「日本についての報告書」を手に入れた。その中にゴンザレスという船乗りが、国王に提出した佐渡金山に関する報告書があった。そこに登場する上杉景勝の叔母が「上杉謙信」のことと解釈できる部分がある。

他にも歴史記録の中に、上杉謙信が女だったと思わせるものがある。

長岡の瞽女頭・山本ゴイの唄本『越後瞽女屋敷・世襲山本ごい名』という本には、謙信のことを「男もおよばぬ大力無双」と歌った歌がある。

謙信の死因は「大虫(生理からくる病気)」と書かれている。

京都に上洛し足利家と面会したとき、当主の妻と交流を深めていたがおとがめはナシ。女同士の交流だったため誰もきにしていなかったのかも。

「生涯不犯」を称して一生正室も側女も置かなかった。

これらのことから上杉謙信は女だったのではないかといわれる。


エンタメ(全般) ブログランキングへ

オカルト ブログランキングへ
まとめ

私のブログに一票を!!
ブログランキング
PVランキング
全般人気ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!

okorudaikazan

投稿者プロフィール

怒る!大火山サイトの運営者で編集長の閻魔と申します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 【洒落怖】ツーリング

  2. 【洒落怖】綺麗な女性

  3. 鰻の開き方の謎

  4. ひとりかくれんぼのやり方

  5. 後夜祭^o^

  6. 北朝鮮とオウム真理教の国家転覆計画はこれからやってくる!

  7. 写真の中央の謎

  8. 教室ループの謎

  9. 八尺様の本当の真相

  10. 福岡県の「筑豊ナンバー」

ページ上部へ戻る