13日の金曜日はなぜ不吉な日なのか

13日の金曜日はなぜ不吉な日なのかの現状

13日の金曜日は不吉な日。
キリストの命日説など。
なぜ不吉となったか実はあいまい。

13日の金曜日はなぜ不吉な日なのかの話

13日の金曜日は英語圏の多くとドイツ、フランスなどで不吉とされる日である。イエス・キリストが磔刑につけられたのが 13 日の金曜日とされ、キリスト教徒は忌むべき日であると考えているという説がある。

しかしキリスト教では主の受難日を金曜日としているが、共観福音書からはその日は15日と読め、ヨハネによる福音書からは14日と読めるがキリスト教の各派ともその日を確定していない。

他にも13日の金曜日が不吉とされる理由は諸説ある

・キリストの最後の晩餐に13人の人がいたことから13は不吉な数とされた。
一説には、イヴによるアダムの誘惑も大洪水からノアが脱出したのも、バベルの塔が壊されたのも13日の金曜日だと言われるが、聖書にそのような記述はない。

・北欧神話では12人の神が祝宴を催していた時に13人目となる招かれざる客ロキが乱入して、人気者のバルドルを殺してしまったとされ、キリスト教以前から13を不吉な数としており、13日の金曜日についても伝説を持つ。それは魔女としてキリスト教に追いやられたフリッグが11人の魔女と悪魔を招いて毎週金曜日に悪事を企んでいたからだという。
なおゲルマン諸語で「金曜日」を表す語は「フリッグの日」に由来する。


エンタメ(全般) ブログランキングへ

オカルト ブログランキングへ
まとめ

私のブログに一票を!!
ブログランキング
PVランキング
全般人気ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!

okorudaikazan

投稿者プロフィール

怒る!大火山サイトの運営者で編集長の閻魔と申します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 伝説のインド旅行者みどりさん謎

  2. ディズニーランドに蚊がいないのは、魔法の水が流れている

  3. 東大では女性に触れる練習をする

  4. 予言者はアカシックレコードの解読者の秘密

  5. 浮気しやすい環境にある5つの職業の秘密

  6. 沖縄県大神島に眠るキャプテン・キッドの財宝の謎

  7. 誰かが噂している?くしゃみの回数と曜日の関係の秘密

  8. 妖怪の巣窟でありながら六本木が繁栄する謎

  9. 数千万円を隠し持つ天王寺のホームレス「100年ババア」の秘密

  10. 富士山と阿蘇山の大噴火を予言するイルミナティカードの秘密

ページ上部へ戻る