雪山で遭難し、寝たら死んでしまうはウソ?

雪山で遭難し、寝たら死んでしまうはウソ?の現状

  • 雪山で遭難し寝たら死んでしまう。
  • 実際は致命的な低体温症になることはない。
  • ただの思い込み。

雪山で遭難し、寝たら死んでしまうはウソ?の話

雪山で遭難したときにメンバーの一人が眠りそうになる。
すると他のメンバーが「おい!寝るな!寝たら死ぬぞ!」と眠りそうなメンバーの身体をゆすり起こす。

よくテレビドラマなどで見かけるシーンである。

しかし意識障害をきたすような疾患を患っている場合でもない限り、眠り込んだまま致命的な低体温症になるというのはありえない。

気をしっかり持つことが、生き延びるための手段。というような想像による思い込みがそうさせたのである。


エンタメ(全般) ブログランキングへ

オカルト ブログランキングへ
まとめ

私のブログに一票を!!
ブログランキング
PVランキング
全般人気ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!

okorudaikazan

投稿者プロフィール

怒る!大火山サイトの運営者で編集長の閻魔と申します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 【怖い話】小樽へ行くとき【短編】

  2. 【怖い話】家族でテレビを 見ながら話【短編】

  3. 【怖い話】ある施設に1泊2日で泊まった時【短編】

  4. 【怖い話】部活の講習会【短編】

  5. 【怖い話】宮城県のある廃ホテル【短編】

  6. 【怖い話】家で1人留守番をしていた時【短編】

  7. 【怖い話】部活に行くためにバスに乗っていました。【短編】

  8. 【怖い話】昔から結構引っ越すことが多く【短編】

  9. 【怖い話】家と公園が近く【短編】

  10. 【怖い話】中学生の頃の話【短編】

ページ上部へ戻る